雑草対策を兼ねて芝生を敷こう

雑草対策として芝生を植える住宅は多いです。芝生を植えることで、庭の美観性が高まります。しかし、メリットはそれだけはありません。 ここでは芝生の持つメリットを紹介していきます。

芝生を植えるメリット

  • 一度芝生を植えると雑草の育成を妨げてくれるから庭の手入れが楽
  • 柔らかい土壌の露出を防ぐことで、野良猫の糞害を受けるリスクが減る
  • 穴を掘って糞をする習性を逆手にとり先に芝を植えておけば嫌な臭いを防げる
  • 芝生は管理が大変

    ありがたいメリットが多い芝生ですが、綺麗な緑色を維持するには、十分に水を撒く必要がありますし、均一に水を撒くことは意外にも難しく苦労してしまいます。また、梅雨が明けた暑い夏になると成長速度も速くなるので太陽が照り付ける中、定期的に草刈りを行なわなければなりません。考えただけでも滅入ってしまいそうですが、庭師に依頼することでこれらの手間を省くことができます。

    剪定を依頼する時期

    正しいタイミングで草刈りや庭木の剪定を行なえば、成長の助けとなりバランス良く育てくれます。しかし、このタイミングを見極めることは非常に難しいのです。

    一般的に植物の成長は、気温が低くなる冬に低調していきますが、全ての種類がこのタイミングで剪定できるとは限らないのです。ツツジ類なら開花後の5月~6月が剪定のベストタイミングですし、柿や梅であれば6月~9月に行なう必要があります。誤った判断で、花が咲かず実がならないなど、トラブルを避けるためにも庭師に相談して作業を行ないましょう。